新潟工科大学様のプロジェクトの成果物制作をしました

新潟工科大学様とともに、出雲崎住宅プロジェクトに関連した冊子およびサイト制作をさせていただきました。
合わせて、学生にも取材して、動画の作成もしております。

https://www.niit.ac.jp/kotozukuri/project01.php

引き続き、よろしくお願いいたします。

(参考)

出雲崎住宅プロジェクトとは、

 妻入りの町並みとして有名な出雲崎町の海岸地区を対象とし、町並みを活かしながら現代的な住まいを生み出していく取り組みです。
 出雲崎住宅プロジェクトVol.1は、新潟工科大学、出雲崎町と協賛企業(寺泊産業株式会社)が協力し、ちょうど1年前の令和2年7月13日から本格的にスタートしました。先立つ4月に、対象敷地(出雲崎町石井町内)について住宅を建てるとしたら、そこに建築を学ぶ学生の設計案を取り込むとしたら新しい取り組みになるというアイディアが検討されました。このアイディアを具体化するため、新潟工科大学、出雲崎町と寺泊産業株式会社(新潟工科大学産学交流会会員企業)の産学官連携で取り組むこととしました。
 7月に、新潟工科大学の授業で建築の設計課題が始まりました。先ず学生は現地散策を行い、出雲崎町の歴史や自然の魅力を学ぶとともに、妻入りの街並みへの理解を深めました。そして、40人の学生が4人1組となり、縦長な特徴ある土地計上を前後2等分するという設定(A敷地、B敷地)のもと、住宅設計を行いました。その後、8月の学内発表会を経て、11月に優秀作品22作品の展示と審査・講評会が行われました。
 今後、連携する企業である寺泊産業株式会社に構造計算などを行っていただき、実際の建築・居住につなげていきたいと計画しています。また、実際に建築が実現した段階で、建築現場の見学等の学生の実践的な学びにつなげていく予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です